ちょっと一息〜健康コラム
ちょっと一息〜健康コラム
文書作成日:2022/08/05


 人は「ここが痛い」「調子が悪い」となって病院に行くのが当たり前になっています。ですが、その段階では病気の治療であり、基本的には対症療法となります。大切なのは、どうしてその病気や症状を発症したのか、ということ。今回は、病気の原因にフォーカスし、事前に防ぐ「予防医療」についてまとめました。

 高齢化社会を迎えた日本では、健康寿命を延ばし、QOL(生活の質)を高めるための医療を「予防医療」としています。予防医療には、次の3つのステップがあります。

STEP1)一次予防で発病を防止
一次予防とは、バランスの良い食生活や運動を取り入れ、健康な状態を保つこと。予防策を実践することで、生活習慣病や肥満等を防ぐようにします。必要に応じて、予防接種をして病気を回避することも一次予防にあたります。
STEP2)二次予防で事前に検査
二次予防では、がん、高血圧、糖尿病などの病気やそのリスクを把握するため、定期健診や人間ドックに通い、早期発見、早期治療を心がけましょう。年に何回かは歯科で虫歯チェックや歯石とりなどをすることも、予防医療につながります。
STEP3)三次予防で機能を回復
三次予防では、治療過程において専門的な治療で病気の進行や症状を抑えます。リハビリや療養などによって、体力の回復や再発防止を促し、QOLを守ります。できれば、三次予防の前段階である、一次予防、二次予防で発病しないのが理想です。

 健康寿命を延ばすには、予防医療の中でも「一次予防」がもっとも重要であり、病気になりにくい生活を送ることが基本です。

 国立がん研究センターの報告によると、5つの健康習慣「禁煙、節酒、減塩、運動、適正体重の維持」を実践している数が多い人ほど、病気になる確率も下がることがわかっています。平均すると、健康習慣を1つ実践するごとに男性で14%、女性で9%、病気の発症が低下するとされています。

 予防医療は、重要でありながら小さな努力の積み重ねであるため、なかなか続かないという人も多いもの。そこで、おすすめしたい方法が健康の数値化です。

 体重や運動時間、歩数などを記録することで「これからも続けていこう」と、気持ちも前向きになり、良い習慣が身につくはずです。

 一方、日頃からかかりつけ医をつくっておくことも、不調を抱えた時や検診の時などにいろいろ相談することができ、予防医療の助けとなります。

 健康情報は時代によって変化するものなので、本やインターネットなどで新しい情報を得ることも大切です。日頃から予防医療を意識し、健康な毎日を守りましょう。

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
 ホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。
当事務所は、お客様の最も身近な相談相手となり、お客様と共に成長することで地域社会に貢献することを目標としています。
お気軽にご相談ください。

 
お問合せ
鈴木満税理士事務所
〒420-0816
静岡県静岡市葵区沓谷
1丁目5-16
TEL:054-247-2903
FAX:054-247-6766
メールでのお問合せ