やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2022/04/05
インボイスの交付義務が免除される場合とは
[相談]

 私は会社で経理を担当しています。
 令和5年(2023年)10月1日から導入される消費税のインボイス制度では、一部の取引についてインボイスの交付義務が免除されると聞きました。その概要を教えてください。


[回答]

 税込み3万円未満の公共交通機関の利用などの一部の取引については、インボイスの交付義務が免除されています。詳しくは下記解説をご参照ください。


[解説]

1.令和5年(2023年)10月1日からのインボイス交付義務の概要

 消費税法上、令和5年(2023年)10月1日からのインボイス制度導入後、適格請求書発行事業者(インボイスを発行することができる個人事業者や法人)は、国内において商品の販売やサービスの提供等を行った場合において、それらの取引の相手方である他の事業者(消費税免税事業者を除きます)からインボイス(適格請求書)の交付を求められたときは、その取引にかかるインボイスを相手方に交付しなければならないと定められています。

2.インボイスの交付義務が免除される場合

 上記1.のインボイス交付義務には例外規定が設けられており、適格請求書発行事業者が行う事業の性質上、インボイスを交付することが困難なものとして定められている次のような取引を行う場合は、インボイスの交付義務が免除されています。

  • @税込み3万円未満の公共交通機関(船舶、バス又は鉄道)による旅客の運送
  • A出荷者等が卸売市場において行う生鮮食料品等の販売
  • B生産者が農業協同組合、漁業協同組合又は森林組合等に委託して行う農林水産物の販売
  • C税込み3万円未満の自動販売機及び自動サービス機により行われる商品の販売等(ただし、セルフレジはここに含まれません(※))
  • D郵便切手類のみを対価とする郵便・貨物サービス(ただし、郵便ポストに差し出されたものに限ります
  • ※ 上記Cの「自動販売機又は自動サービス機」とは、商品の販売等および代金の収受が自動で行われる機械装置であって、その機械装置のみにより商品の販売等が完結するものをいうものとされており、具体的には、飲食料品の自動販売機のほか、コインロッカーやコインランドリー等がこれに該当します。ただし、コンビニエンスストアなどに設置されたセルフレジなどのように、単に代金の精算のみを行うものは、これに該当しないこととして取り扱われています。

[参考]
新消法57の4、新消令70の9、新消規26の6、インボイス通達3-11、国税庁「消費税の仕入税額控除制度における適格請求書等保存方式に関するQ&A」など


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
 ホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。
当事務所は、お客様の最も身近な相談相手となり、お客様と共に成長することで地域社会に貢献することを目標としています。
お気軽にご相談ください。

 
お問合せ
鈴木満税理士事務所
〒420-0816
静岡県静岡市葵区沓谷
1丁目5-16
TEL:054-247-2903
FAX:054-247-6766
メールでのお問合せ