会話形式で楽しく学ぶ税務基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ税務基礎講座
文書作成日:2021/05/10



 成年年齢が18歳に引き下げられますが、この引き下げによって税金はどうなりますか?


出演:  … M社 経理部   … 顧問税理士



― M社 ―

M社経理部まいと顧問税理士が、打ち合わせをしています。




 そういえば。先生。
 18歳で大人になるのは、いつからでしたか?




 成年年齢が18歳になるのは、2022年4月1日ですね。




 あと1年もないんですね。




 そうですね。




 2022年4月1日時点で18歳以上20歳未満の人は、どうなるのですか?




 2022年4月1日に、成年になります。




 自分なら、カウントダウンしたくなりますね。




 まあ、そうでしょうね。笑




 ところで、18歳で大人になるっていっても、タバコやお酒は20歳のままなんですよね?




 そうですね。
 タバコやお酒の他に、競馬、競輪、オートレース、モーターボート競走などの公営競技も、年齢制限は20歳のままですね。




 じゃあ、結局、18歳で大人になって何ができるようになるのですか?
 というか、何が変わるんでしょうか?




 たとえば、クレジットカードを作ったり、ローンで車を買ったりすることでしょうか。
 もちろん、審査はありますが。
 スマートフォンも自分で買えますし、アパートを借りたりすることもできます。
 つまり、自分一人で契約をすることができるようになります。これが一番大きいですね。




 何だか、犯罪のニオイが…。




 そうですね。
 これまで、20歳になるまでは、親の同意を得ずにした契約の締結は、取り消す権利が親にありましたが、これが18歳になるまで、になりますので、大人になるということは、そういった責任を自ら負うことになるわけです。




 4月1日に成年になる人達も?




 そうですね。
 2022年4月1日時点で18歳以上20歳未満の方については、先ほどお話した通り、2022年4月1日で成人に達しますので、2022年4月1日以後に締結した契約は、そうなりますね。
 ただ、この方が2022年3月31日までに親の同意を得ずにした契約の締結は、2022年4月1日以後であっても親が取り消すことはできますよ。




 あまり深く考えたことはなかったですし、自覚もなかったのですが、大人になるってそういう責任を負うことでもあるんですね。




 そうですね。




 税金は変わらないのですか?




 税金も変わりますね。
 「20歳」あるいは「未成年」と規定されている税金の取扱いは、大抵変わりますね。




 たとえば?




 たとえば、相続税を計算する際の“未成年者控除”ですね。
 これまで、「20歳」未満の相続人は「20歳」に達するまでの残りの年数に応じた控除が受けられましたが、この「20歳」が「18歳」になりますね。
 それ以外にも、相続時精算課税、事業承継税制、結婚子育て資金の一括贈与、贈与税の特例税率の適用などに係る受贈者の年齢要件で、「20歳」とあるのが「18歳」へ改正されますね。
 あとは、個人住民税の非課税措置の1つである、一定の所得以下の未成年者に対する非課税措置ですが、この“未成年者”の定義は民法にあわせていますので、自動的に18歳へ引き下げられます。




 結構、変わるんですね。




 そうですね。
 税法以外ですと、NISA制度やジュニアNISA制度の年齢要件も、「20歳」とあるのが「18歳」になります。
 他方で、国民年金の加入開始年齢は20歳のままであるなど、何が「20歳」のままで、何が「18歳」に変わるのか、民法や税法だけでなくその周辺にも目を光らせる必要があるでしょうね。




 う〜ん。
 自分で話題を振っておきながら何ですが、結構複雑ですね。




 そうですね。
 細かい点には触れていませんが、結構幅広かったですね。笑


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
 ホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。
当事務所は、お客様の最も身近な相談相手となり、お客様と共に成長することで地域社会に貢献することを目標としています。
お気軽にご相談ください。

 
お問合せ
鈴木満税理士事務所
〒420-0816
静岡県静岡市葵区沓谷
1丁目5-16
TEL:054-247-2903
FAX:054-247-6766
メールでのお問合せ